安全・安心な展示会PR支援

東京観光財団は、MICEの東京開催を拡大させるため、都内で開催される展示会の安全・安心な開催に取り組む事業者に対し、その取組の海外業界紙でのPR等の情報発信を支援しています。

1.支援概要

都内で開催される展示会への海外からの来場者となりうる層に対する、当該展示会開催にあたり配慮している安全・安心にかかる取組(感染防止対策など)について、情報発信・PRする経費を支援します。

2.公募期間

申請書受付期間:令和3年4月~令和4年2月末までの間で、随時

  • 予算に達し次第、上記期間内でも締め切ることがあります。

3.支援内容

都内で開催される展示会の海外からの来場者となりうる層に対するPRの一環として、当該都内展示会の開催にあたり配慮している安全・安心な開催に係る取組について、海外展示会や業界専門誌等への広告掲載に要する経費の2分の1(1件あたり200万円を上限)に助成します。

4.対象事業及び対象経費

都内で開催される展示会への海外からの来場者となりうる層に対し行う、当該都内展示会の開催にあたり配慮している安全・安心な開催に係る取組のPR(広告)に関し、次の事業期間及び掲出条件を満たす【助成事業】に該当するいずれかの事業(注1)の実施にあたり、【対象経費】に掲げる助成対象経費を助成します。

【事業期間】

令和3年5月1日から令和4年2月28日までの間に実施完了(広告媒体の原本の発行、またはWEBサイト等において広く一般に公開・周知の開始が確認でき、かつその経費の支払い完了までを含む)するもの。

【掲出条件】

広告掲出にあたり、「安全・安心な展示会」PRに関する内容が、原則として、広告ごとの掲出面積の1/2以上あるもの。

【助成事業】

(注1)下表の助成事業に関し、原則として、対象事業(3)は単独での実施は不可とし、事業(1)または(2)とあわせて実施する場合のみを対象とします。

(1)海外関連展示会等における紙面広告
  • 海外関連展示会ショーレポートや、業界紙等における紙面広告(※1)
(2)海外関連展示会公式WEBサイト等における誘導広告
  • 海外関連展示会公式サイト等におけるデジタル広告(※2)
(3)都内展示会公式WEBサイトにおける「安全・安心な展示会」PRページ制作
  • 助成対象となる都内展示会公式サイト等におけるPRページの新規制作にかかるサイトデザイン費用、多言語対応にかかる翻訳費用等(※3)
(4)その他
  • 財団が展示会PR支援のために必要と認める事業
  1. 助成対象展示会に先立ち海外にて開催される関連展示会のショーレポート、または関連業界紙等において、助成対象展示会開催にあたり配慮している安全・安心な取組を主として記事体広告で紹介し、海外からの当該展示会への来場が喚起されうるもの。
  2. 助成対象展示会に先立ち海外にて開催される関連展示会の公式WEBサイトや、関連業界情報ポータルサイト等において掲載されるデジタル広告(静止画、動画等の様式は問わない)で、助成対象展示会公式WEBサイト(以下※3)への誘導を行う広告
  3. 原則として、WEBサイトデザイン費用及び多言語対応にかかる翻訳費用(日本語以外で、助成申請時点で対応していない多言語の新規ページ制作のみ対象)を助成対象とする。

【対象経費】

上記の事業にかかる経費のうち、次に掲げるものとする。

1 広告掲出費(媒体確保に要する費用)
2 広告制作費(デザイン費用、WEBサイト制作の場合は、「安全・安心な取組」紹介ページの新規制作にかかる費用)
3 初めて取得する第三者認証取得費用
4 その他必要と認められる経費

5.要件

  • 申請者は都内展示会主催者(共催者含む)で、当該展示会において感染防止対策等の安全・安心にかかる取組を実施予定であり、都内で展示会を開催した実績がある、または展示会業界団体に加盟していること。
  • その他要件あり

6.申込方法

所定の申請書に必要事項を添えて、郵送または持参により、下記まで提出してください。
下記ファイルをダウンロードしてご利用ください。

【提出先】

〒162-0801 東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル6階
公益財団法人東京観光財団 コンベンション事業部 展示会PR支援担当
受付時間は、土曜、日曜、祝日を除く、午前9時から午後5時45分までです。
申込詳細については安全・安心な展示会PR支援事業募集要項をご覧ください。

7.様式

8.参考